2008年02月11日

買っちまった。。。

昨日は、懸案事項だった
(1)ウクケースが壊れたので、購入する。
(2)バリーメードちゃんの弦の高さを低くする相談にのってもらう。
(3)なんかあまりにも頻繁に緩むバリーメードちゃんのペグについて、相談にのってもらう。
という3点を解決すべく、ついに、バリーメイドちゃんを購入したアコースティックスタジオさんに出かけてみた。
-----

相変わらず、渋谷は人が多いっす。。。。まさに「牛歩の歩み」でしか歩けない。

とにかく、お店に到着。店員さん、お忙しそうなんで、ちょっとウクレレみたりしてみる。
そうそう、そろそろローGのテナーが欲しくなってきたのよねぇ。。。っていろいろみてたら、下のほうにキレイな緑色のウクが。しかも、
「よかったら手にとってくださってもよくってよ。オホホ・・・」
的な高貴さを漂わせておるではないか。。。うー、こいつがすごく気になる。。。と思っていたところで、店員さんがこちらへ。

とりあえず、(2)について相談。

預けていかなきゃかなーと思っていたら、その場で調整できるってんで調整いただくことに。

調整中、これまた、キレイな緑色のウクが
「あーた、何を躊躇していらっしゃるの?手におとりなさい。」
と訴えるでないか。思わず手にとる。ちょっとだけ鳴らしてみる。

おーっ!やわらけーぜ!あんたの音色は!!!

なんてしているうちに、調整が完了。
いやはや、こんな少しばかりの調整なのに弦のビビリがないぜ。いやいや、調整とは重要なことかな。

と、感動したところで、ついでに(3)についてもきいてみる。

「ハワイで生産されるウクレレにはたいていこのペグがついているが、性能がよくないので、結構みなさん国産のペグに交換されますよ。」

とのこと。なら、交換しておくんなましとお願い。ギアペグのほうがいいのかとお聞きしたところ、

「いや、これだったら、ギアペグにする必要ないっすよ。むちゃくちゃまわした感じも滑らかなんで、後で触られるとびっくりしますよ。」

とのこと。かくしてペグも交換。

ペグの交換はさっきのより時間かかりそうなので、交換に入る前に、例のキレイな緑色のウクについてきいてみたところ、これが中古(前のバリーメイドちゃんも中古)のレイラニらしい。入荷したばかりで、まだ値段もつけてない。
店員さん曰く
「この作者は亡くなってしまったので、同じものを手にいれようと思っても、まず手に入らないんですよ。」
って。とにかく、しばらく触らせてもらう。

微妙に傷はついてるけど、そんな、今のバリーメイドちゃんだって、いまや、傷だらけのローラだよ。これほどの傷なんてなんのことはない。あんたは十分美しいよ。
姿、形も美しいが、音もなんて美しいんざんしょ。。。。

なんてポロポロやってる間にペグ交換完了。ペグをまわしてみる。

いやいや、今までのような弦によってばらついた感じもなく、微妙な調整もできるぜ!
滑らかだぜっ!

バリーメイドちゃんのペグ

今までが信じられないほどのすばらしさである。いやはや、楽器の調整とはいかに重要なことかな!

それに感動しながらも、やはりキレイな緑色のレイラニちゃんが気になって気になって。こわごわ値段も聞いてみた。

うっ。。。高っ。。。

でも、テナー欲しいなぁ。他のお手ごろなの(Ponoとか)も見せてもらう。弾かせてもらう。でも、クレオパトラ(と勝手にここで名付けている。。。)に比べたら。。。比べちゃったら!!!

そうだよ、私はバーゲンにも行ってないぞ!しかも、ボーナスにもまったく手をつけてないじゃーないか!がんばればクレオパトラ買えるべ!

-----
かくして、クレオパトラちゃん購入。
「死ぬまで君を離さないぞ。いいだろぅ。」

-----
そうそう、懸案事項(1)のバリーメードちゃん用のウクケース、もちろんサービスでゲット。(修繕費の一部も)

かくして、全ミッションコンプリートでげす。

-----

クレオパトラちゃんでは名前が長すぎるので、短く「クレオ」と呼ぶことにしました。
帰宅してから、撮影タイム。まさに気分はアラーキー。
クレオちゃんボディー.JPG
クレオちゃんネック
-----

もともと今日は録音する気がなかった(別ネタの予定だった。。。)のですが、クレオちゃんをどうしても弾いてみたくなり。
さすがギアペグ(のせいなのかな???)、チューニングも繊細だ!

何から何まで繊細ちゃんなクレオちゃんにはあんまりジャカジャカは似合わなさそうなので、ローGにあいそうなこの曲を。。。。ってなんとなく弾き始めたら、難しいじゃん!
弾き手が悪くて、クレオちゃんのやわらかさが伝わらないっす。。。でも、明らかにバリーメイドちゃんのカリっとした感じとは対照的な音っす。

トロイメライ - Robert Schumann (2008/02/11録)


なんか、クレオちゃんのおかげで、ウクレレソロ練習する気が湧き上がってきたっ!


posted by すみす at 11:38| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

今なぜ「しげる」?

昨日は、一日Finale NotePadと大格闘して、一譜面おこしてみました。

まだまだいろいろな裏技があるに違いない。。。正規バージョン欲しくなってきたのぅ。。。。

-----
そんなこんなで、PCとほぼ一日向かいあいつつ、暇つぶしにMixiみてみたら、なんと日記キーワードランキング2位に
「松崎しげる」
とあるではないか!

なぜだ??何かおいたでもなさったのか?

さっそく、調べてみたところ、どうも、
まつざきしげるいろ
が話題になっていたらしい。

???

そんな色あるの?と思いながら、Wikiってみたところ、どうも存在するらしい。

Wikipedia - まつざきしげるいろ

RGBで表記するならばおおよそ「#A55A4A」とのこと。

そこで、自分でもつくってみました。

まつざきしげるいろ

上の字ほどは濃くないけど。。。でも、やっぱり濃いっすね。
-----

そういえば、まつざきしげるさんの歌っていうと、私はこれしかしらない。

愛のメモリー (2008/02/10録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

他に知ってるのあるかなーと思ってWikiってみましたが、やっぱり他の曲は知りませんでした。

今は、トレードマークの色黒を持続するべく、日焼けサロンに通われているそうです。。。。

これでいいのか?しげる?
posted by すみす at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

だらりんこ

すげーくたびれてます。
多重録音する気もなくなるほどです。

なので、先週のネタを使います。
-----------

コメントをくださったようこさんのリクエストで録音してみました。

The Third Man (2008/02/03録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

最近、気になってきた、
ウクの第3弦がすぐひずむ
問題。
いったい何が起因しているのやら。ペグもきっちり締めたのになぁ。。。
なんか気持ち悪いなぁ。

今日こそ、楽器屋さんへと思ったが、天気悪いし、寒いし、おまけに、ウクのケース壊れてるし、手元に1000円しかないし。

なので、今日は一日
だらりんこるんるん

今日「」じゃん。。。。
posted by すみす at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

やっぱり回る回る系が好き

今日は出かけるつもり満々だったのだが。。。。

雪かよっ! 雪

すっかり出かける意欲も失せた。うし。コーヒーでも入れるべ。るんるん

そうだ、昨日、パンのお仲間のYuukiちゃんにウイスキーをいただいたのだわ。(さんきゅー!)

これまたタイムリーだが、昨日テレビで、
”ポルトガルのお宅では、コーヒーは、お酒(なんとかってゆー、40度くらいの強いリキュールらしいが。。。)飲みながら飲む”
のが普通だってのをみましたの。

うし。今朝はポルトガル風にコーヒーあんどお酒じゃ。
めんどくさいから、ウイスキー、コーヒーに入れちゃえ!

だばだばだば。。。。

結果: 
ふざけたカルーアミルクみたいになっちまいました。どうもウイスキー入れすぎた。。。

朝から半ば酔っ払い状態。
------

コーヒーはポルトガル風ですが、今日の録音(ってゆーか、昨日したんだけど)はハンガリー風。
これも絶対回る回る系。どうも、おいらはマイナーコードで微妙にコードが展開してて、で、回る回る系の曲ってのが大好きなようです。

Hungarian Dance No.1 - Brahms (2008/02/02録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

ブラームスのハンガリアン舞曲ってゆーと、ダントツでこれが有名っすよね。



もちろん、この5番もいいんっすけど、私はやっぱり1番が好きです。なんか、このフレーズはなけます。

。。。5番ってことは、少なくともハンガリアン舞曲は5曲はあるってことか。おっと、上のYou Tubeに、5番に続いて6番も入ってました。なかなかしつこく攻めるね。ブラームスさんよ。

で、録音ですが、早いところは、とりあえずちょこっと練習してから臨んだんっすが、実はむちゃくちゃはずしてます。でも、アンデスの音程がもともと不安定なんで、あんまりひどく聴こえません。アンデス万歳!

ところで、ブラームス、ハンガリー人だと思ってWikiってみたら、ドイツ人だった。すごい裏切りだぜっ!

-----
うっ、来週またドイツ軍がやってくるのぅ。。。ブラームスのせいで思い出しちまったよ。

ったく。(これが本当の逆恨み。)
posted by すみす at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ひねくれもの?

休日にしてはすごい早起きです。
掃除も洗濯も終わり、待ってた宅急便屋さんもすでにいらっしゃいました。

豆まきにでも行くかなぁ。。。。でも外は寒い。

ということで、スティールパンの練習行くまで引きこもりそうな予感です。
------

最近、スティールパンの練習が楽しみっす。なんか、ちょっとやる気になってます。

スティールパン、正直見た目は中華なべです。運んでいるときはタイヤです。
でも、あの見た目から、
「えっ?この音??」
ってのが聴こえてくるところが、またいとおしいのです。

そう考えると、アンデスからも「この音??」って意外な音がでるわけで。

そういう、ギャップがあるものが好きなんやね。
楽器だけじゃなくて、たぶん、この世にあるものたちに対して、そうなのかもしれない。
------

ほかの類似点考えてみると、そうそう、アンデスもスティールパンも、チューニングがほぼでけんのです。

アンデスは基本的に2-3Hz低めに音がでます。音上げたければ、ちょっと部屋温めたり、強めに吹いたりします。
でも、どうしようもないので、簡単にチューニングできるウクのほうをアンデスにあわせます。
最近は、バスメロが加わったので(こいつはちょっと高めのことがある。。。)やっかいですが、バスメロは無視することにしてます。
なので、きっちりやりたいけど、間抜けになってしまうところがいらっときます。が、これがまたいとおしい。
-----

スティールパンのチューニングは見た目、すごい手荒です。
トリニダードの職人が年に一回くらい来日して、ハンマーでまさにガンガンパンをたたいて、チューニングしてゆきます。
そんなわけで、年のほとんどはチューニングなしです。たたいてるうちに音がちょっとずつ狂ってきます。
しかも全体が高くなったり、低くなったりというよりは、叩き方とか扱い方で特定の音が狂ってくる感じ。

この、一筋縄ではいかないところが、いらっともします。が、これもまたいとおしいのです。

そういう、ちょっと厄介なものが好きなんやね。
楽器だけじゃなくて、たぶん、この世にあるものたちに対して、そうなのかもしれない。
-----

今日は、カテゴリーでいけば、きっとカリプソなんだよね?というこの曲。家でよく聴いてる、スティールパンのCDに入ってます。
You Tubeにないのかなーと思って探してみたけど見つからず。残念。

Spanish Isles(2008/02/02録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

ついさっき、この曲の本当の題名がBlue Spanish Eyesであることが判明いたしました。。。ってことで、こちら、MySoundに移行いたしました。2008/04/23追記

今回、バスメロから録音してみたんですが、伴奏の3つが途中、それぞれが微妙にずれて気持ち悪くなってきてます。ウクは2番目、ポン太は最後にほとんどの音が入ってからの重ね。
これも、ばらばらに録音してゆくことの弊害なんだろうね。
やっぱり、オーケストラとして演奏していく流れの中で、伴奏刻んでゆくほうがやりやすい。こういう裏打ち系のリズムは重ねでやると粗が目立ちます。

スティールパンは、どうしても、流れを断ち切るような突出した音がでてしまう。
この曲みたいに、トレモロ主体の曲だとそれが顕著にでますな。

と、問題点は見えているものの、なかなか修正ができないんやね。
演奏だけじゃなくて、たぶん、日ごろ起こることすべてに対して、そうなのかもしれない。
-----

。。。おっと、楽しい週末にしなきゃ。うどん煮よ。
posted by すみす at 13:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

大人ならこういう酒を飲め!

今週は、月曜日から上司と出張してきた外人交えた飲みでした。。。
そして翌日はすごい二日酔い。。。何も覚えてねぇ。

火曜日、ひどい頭痛と吐き気の中、むりやり会社に行ってメールみた。驚いた。

「すみすさんに、あれだけのことを言われる理由がない。。。。。」

うん???

よくよくそのメール(上司からの)よく読んでみた。青ざめた。

どうも、月曜日の宴会で、上司にすげー暴言を吐いたらしい。しかーも、こんなこと言われたら、普通の人間ならすげーめげるぜ。。。ってほどの暴言。。。
もちろん、うちの上司はむちゃくちゃ落ち込んでおる様子。

やべー!!

もちろん返信では、「何も覚えてません。本当に失礼なことを言いました。そんなことはついぞ思ってなどおりません!」の平謝り。

うぅ。。。確かに不満はあった。でもそこまで暴発するほどの不満だったのか???

しかし、「そこまで言ったってことは潜在的にそのように思ってるということでもある。」とうちの上司からの再返信。

オーノー!!!

。。。。そんなことで、その日以来、上司に対して妙に素直になっている。

だが待てよ??私は、自分で十分気がついていないまでも、やっぱり上司にストレスを与えられているわけで。で、それが高じて暴言にいたったわけで。おまけに、私は本当に何言ったか覚えてないわけで。でも、なんか、罪悪感に浸っているわけで。。。。
おいおい、なんか割りに合わなくねぇか???

----
一抹の疑問は感じながらも、それ以来、何のトラブルもなく仕事は円滑に進んでいるし、私もどういうわけかそれ以来、腹もたたずにいるわけだから、暴言はいてよかったとも言える。うーん。。。

でも、しばらくは飲みすぎるまい。暴れるまい。
大人ならこういう酒を飲むがいい。

舟唄−八代亜紀(2007/02/01録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

がぉー!

朝からこれを録音する自分、それも、なんか熱くウクレレ弾いてる自分、なんか泣けるなぁ。
でも、アンデスちゃん、その気になれば、なかなかしみじみできるじゃないですか。

とにかく、楽しい週末にしたいっす。いや、するです。
posted by すみす at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

とぼけた顔して。。。

お絵かきを習っています。

多重録音も、私のとってもいい息抜きなんですが、たまに寝ても覚めてもネタが頭を回るようなことがあって、息抜きを超えてることがたまーにあります。

お絵かきは、描きにいってる2時間ちょっとの間に、きゅーっと集中します。たまに(かなり)おさぼりします。でも、今日みたいに、実家から帰ってきたばかりで疲れてて、でも無理して出かけて行っても、やっぱり、だーっと集中することで、さーっと肩の力が抜けます。

で、寝ても覚めても、モチーフが頭をくるくる回るようなことは、絶対にありません。

最高の息抜きであり、最高に他ごとを考えない瞬間です。
----

うちのお絵かきには何人か先生がいますが、今のクラスの先生は、なんというか、淡々としてて、ちょっととぼけた感じがおいらは大好きです。好きに描かせてくれるのですが、たまに、これまたいー感じに口を挟んでくれたりします。

なので、あんまり悩まずに、こちらも淡々と無理せず描けるのです。おいらのお絵かきは、それでえーのです。

ありがたいことです。
----

という前書きは、ある意味これの「振り」なんですけどね。

カラオケに行くと、よくこれ歌います。タイトルみて、「おっ、Kuwata Band??」と思わせといて

「いや、カマヤツのほう。」

♪とぼけた顔して。。。。

バンバンバン(2007/01/27録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

昨日たまたまTVでみた、ママースパゲッティ「晩パスタ」のCMでこの曲が。相川七瀬+Rolly。

晩パスタWeb

アッコちゃん(エンディング) したときはブルースコードはセブンスという、その重要なポイント知らなかったものだから、普通のメジャーコード交じりでやってたんだよねー。

やっぱりセブンスですな。いつかやりなおそ。

それはそうと、Seesaa、ちょっと最近不安定すぎる。。。
さっきからアップがうまくいかねぇ!
posted by すみす at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

びっくりどっきり Part3

今日、会社で何気にお仕事上のことを検索してたら、これを発見。

ヤッターマンモバイル by Softbank

いやぁ、ヤッターマン人気なんですな。おもっちゃまのフィギュアがつくところが、痺れます。
はたして、ガンダムシャアモデルを上回るのか!
ちょっと気になる。

ところで、新ヤッターマンをまだみることはできずにおるのですが、You TubeでOPをみてみたです。私は嫌いじゃないっす。よっちゃんが弾いているのかはわからないっすが、ギター、好きですね。

新ヤッターマンオープニング

世良さんの歌も、なんちゅーか、尾藤イサオさんとか水木一郎さん的ノリで嫌いじゃないです。

と、「新」だけをちゃんと聴いたところで。。。。
(旧はあえて聴かない!)

------
アニメはエンディング好きで、今までも

サザエさんエンディング や アッコちゃんエンディング

をやってみたので、これもやっぱりやってみることにしました。

ヤッターマンエンディング (2008/01/23録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越ししました。

超チープな仕上がりです。へたくそです。
けど、出だしに使ってみた、このチーン(タイプライター録音時にも使いました)が何気に気に入ってたりします。

ちなみに、これがチーンの正体です。
Tsubo.JPG

昔の大家さんにいただいたパキスタン土産で、超あやしい雰囲気を漂わせている小ツボ(ちなみに、大、中、小とありまして、写真のは大。)なんですが、多重録音のおかげで、2回陽の目をみました。

大事にとっておいてよかったよ。
posted by すみす at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ロシアな曲 Part4

今日は

ウクレレオジサンのところの新年会

とか

NUA(日本ウクレレ協会)の月例会

とか

参加してみたくてたまんないイベントがまさに目白押しの日だったんですが、こういう日に限って、他の用事があるもの。。。。


次回こそは参加したいっす!
----

で、

今日はかねてから、楽しみにしていた、レニングラード国立バレエ公演をみにいってまいりました。

そうそう、あれはたしか私が3つくらいのころ、バレエ習ってる従兄弟がうらやましくて、ワガママな私は、「おいらもやりてぇ〜!!!」って駄々こねて、仕方なくうちの母が練習に連れていってくれたんだよね。

最悪にも、右と左の区別さえつかなかった私は、先生が、
「右足出して〜。左足だして〜。」
っていうほんの簡単な指示すら、満足に理解できず、くやしくて泣きじゃくってそのまま母親と一緒に家に帰りまして、そのまま二度と練習に行くことはなかった。

母も「ダメだこりゃ!」って思っただろうね。たった3つのときの出来事なのに、なんかこれはとっても覚えてる。

そんなこんなで、バレエにはトラウマもあるけど、憧れも人一倍あったりします。
-----

今回の題目は、バレエといったらこれっ!
「白鳥の湖」

舞台芸術も、かなりスタンダードな感じでキレイ。衣装も、背景の色にきっちりあっていて、視覚的にも素敵でした。

振り付けも、これまた「白鳥の湖」といえば、これ!っていう振り付けだったし。

ところで、白鳥の湖ってどんな話だったっけ???

一幕終わるまで、いまいちもやっとしてて、トイレいったあと、パンフレットの見本で確認して理解した。

白鳥の湖のあらすじ-By Wikipedia

。。。。悲劇とは知らなかった。

それはおいといて、やっぱりオデット役のバレリーナは本当に可憐で素敵どした。軽々とリフトされる姿は、まさにスカーフが空に放り投げられるという表現なんかなーと。

なんじゃ、その表現は。。。

-----
そんなこんなで、今日は大方の予想通りこれ。

実は、先週一度、記憶だけで録音したんですが、今日生で聴いて、ダメだこりゃ!ってことで帰宅後録音。

でも、まだところどころ、コード違うけど。(でもまあ、少なくとも最初のよりはいいので)

白鳥の湖 (2008/01/20録)


昨日のハチャトリアンもひょっとしてロシア人???って思って、さっきWikiったら、アルメニア人だったので、昨日のはロシアな曲じゃなくて、ほっとしてます。

チャイコフスキーはちゃんとロシア人だから、これはまぎれもなく、ロシアな曲。

ほっ。
posted by すみす at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

びっくりどっきり Part2

最近、大食いブームです。
おいらは、大食いはあまり得意ではないですが、早食いは比較的得意です。

たぶん、小学校のときに、毎日給食で早食い競争をしていたからなんだろうなー。

そして、この早食い時のバックグラウンドに流れていたのが、他あろう「剣の舞」。
----

剣の舞の多重録音してみたいなーと思って、You Tube探していたら、こいつを発見!

ゲルギエフ指揮、ウイーンフィル演奏 --- 限界への挑戦!



はやぇ。。。。速すぎる。

もう、びっくりどっきり、爆笑がとまらない。
ニコ動の書き込みがまたまたおもろい。同感することしきり。(たまに、「違うやろ。。。」ってつっこみいれたのもあるけど。)

とにかく、

裏打ちがすごい!

無謀にも、You Tubeにあわせてこのテンポでウクレレ裏打ちしてみた。到底無理。

このマッハなゲルギーを聴いたあとだと、すごくまったりしたように聴こえてしまうが、明らかにこちらが標準テンポ。

小澤征爾指揮、ベルリンフィル演奏

それにしても、このYou Tubeたち、両方とも野外演奏。しかも超一流。
たぶん、比較的お手軽に聴きにゆけるのではないかと思うのですよ。
すごくヨーロッパがうらやましいと思うのでした。
----

名演奏の後で、むちゃくちゃ恥ずかしい限りですが、これはこれで、別の意味で笑えます。。

Sabre Dance - Khachaturian (2008/01/19録)
こちらをクリックして音源をお聞きください。(Music Trackへリンク)
My SoundからMusic Trackへお引越しをしました。

テンポだけは、小澤征爾と完璧一緒です。
なぜなら、このYou Tubeにあわせてバスメロ吹いたから。

このテンポでも、ウクの裏打ちはようやく。。。って感じ。
すごい持ちこたえてる感が痛い。。。が、今回はどういうわけか、ウク録音が一番早く完了です。

今回一番時間かかったのがバスメロ。正直、この5倍くらいの時間吹き続けてました。これだけ休まずバスメロ吹き続けると、酸欠になります。最後はきっとゾンビみたいな顔して吹いてたんだろーな。
そんな、痛々しいおいらを想像しながら聴いてくだされ。

若干、最後の部分が違うような気がしますが、そんなこんなで、もう力尽きたので、録音しなおしはやめました。
posted by すみす at 13:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。