2008年01月12日

ウクレレワークショップ

昨日、会社を早々にドロンして(それはそれで、後で問題あったのだが、そんなの関係ないっ!!)MATTさんのウクレレワークショップに行ってきました。

MATTさん、Shu-san、カマテツさんお3人のレクチャー、演奏を堪能した、素敵なひとときでございました。

カマテツさんは、以前、彦六さんでのライブにおじゃましたこともありまして、もう一度聴きたかった、あの曲、この曲が聴けて本当によかった。それにしても、どうやって弾いてるんだろ。神業に近いっす。ジャカソロ塾に入塾したいのぅ。。。。

MATTさん、Shu-sanについては、MATTさんの書かれたご本をよんだり、NYA☆MIさんのブログみたりして、お名前は存じ上げていたんですが、生のお二人を拝見するのは初めて。心底ウクレレを愛していらっしゃるんだなーってことがひしひしと伝わってまいりました。私も、ウクを愛してゆきたいと心から思いました。

Shu-sanのホテルカリフォルニアと恋心。。。いやあ、真のエンターテイナーですな。曲を自分と一体にしているからこそのあのパフォーマンス。お客様にみてもらうということを大切にされてるんだなー。

-----
さて、ワークショップの中では、いろいろな奏法が紹介されたのですが、「こいつをぜひマスターしたいっ!」と思ったのが、Shu-sanが紹介されたパーカッシブ奏法。

フレットをこすったり、ボディーを爪でたたいたりするのを織り交ぜながら、ストロークするんですけどね。

これが、手がもつれてできたもんじゃない。

あ゛〜、でもこれがどーしてもやりたいっ。でもできない。
----

でも、どうしてもこの奏法にのっちゃいそうな2曲が思い浮かんで離れない。1曲は「バナナが一本ありました〜」。

でもこれはやらない。

で、パーカッシブ奏法、まだ全然できていないけど、もう1曲のほうを録音してみちゃった。

ろくでなし (2008/01/12録)
(一時的に掲載を止めさせていただいております。)

そういえば、最近あまり梅ちゃんをみていません。一度でいいから、「生」シャンソンライブで梅ちゃんが豆を飛ばすのが見たい!

あー、なぜ私には越路吹雪さんより先に梅ちゃんが浮かんでしまうのでしょう。。。。しょんぼり。

はおいといて、

ウクのだめな分をやっぱりメロディオン隊たちで補っている私。フレットを「ジャリッ」ってしっかり鳴らすと、ストロークが遅れるし、ストローク大事にすると、パーカッション部が全然入らないし。。。難しい!
しかーし、下手な部分の上達なくして、全体の改善はありえません。
100曲目くらいには、パーカッシブ奏法、もうちっと「ジャリッ」っといけるように上達していたいです。そのころ、出直してきます。
posted by すみす at 14:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。